後の十三夜月

2014年11月5日は171年の「後の十三夜月」だったそうです。

元々、十三夜(旧暦9月13日)に月見をするのは日本固有の風習で、旧暦で「うるう9月」が挿入されると十三夜が年に2回発生することになり、その「うるう9月13日」の月にあたるのが今年2014年11月5日なんだそうです。

20141105_140536000_iOS

20141105_213604000_iOS
※私が撮ったものではありません。あしからず。

171年に一度って人生で1回迎えられるかどうか。一度も巡りあわせない人も多いことでしょう。
幸いにして私は見ることができました。

みなさんは見ることができたでしょうか?

きっと、この先イイことがあるのではないでしょうか?(と信じてみる)

その2日後の11月7日には「満月の感謝祭」なるものに参加してきました。

「満月の感謝祭」とは、満月の力をかりて、あなたが「満たされている」ことを感じ、「今あること」に感謝する会だそうです。

20141107_095633637_iOS

「今あることに感謝」

閉塞感漂う日本にとって今一番大事なことかも知れませんね。

次の満月の日には「今あることに感謝」してみるのもいいかもしれません。

お試しあれ。

さて、そろそろ東の空には、冬の星座の代表格「オリオン座」が見える季節になってまいりました。
「リゲル」「ベテルギウス」「オリオン座大星雲」など見所が満載で、形も整ったいい星座ですよねー。

Orion

晴れている帰り道には、ちょっと空を見上げてみましょう。

広告

投稿日: 2014年11月10日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。